脱毛サロン 徹底追求

MENU

脱毛サロンの脱毛方法紹介

脱毛

ここでは脱毛サロンの脱毛方法に関してご紹介していきます。

尚ここでは脱毛サロンもエステの一つと考え、
クリニックとは区別しておきます。

 

いわゆる脱毛サロンやエステと呼ばれるものは、
医療機関ではないため脱毛方法は医療行為にあたらない方法を
とらなくてはいけないことになっています。

 

俗にいうレーザー脱毛というのは医療用レーザーを
脱毛目的で使用することであり、
医療行為にあたりますのでクリニックでの施術となります。

 

脱毛サロンでの脱毛手法は現在ではほとんどが
光脱毛と呼ばれるものです。

 

光脱毛が普及する前のエステでは脱毛と言えばニードル脱毛と
よばれる手法が主流でした。現在もこの方法で施術している
エステはあることはありますが、光脱毛に比べるとかなりの痛みを
伴うことや、長期間かかる、
そのため費用もかさむということがネックとなり少数派となっています。

 

ちなみにニードル脱毛というのは、細い専用の針を毛穴に
差し込んで微弱な電流を流し、発毛組織を熱によって
凝固させて発毛しないようにするという手法です。

 

一本ずつ地道に確実に処理していくため、
永久脱毛性が高いというメリットがあります。ただし、
医療機関である脱毛クリニックと呼ばれる施設とは異なり、
麻酔が使用できないため毛の本数分の痛みを味わうことになります。
脱毛クリニックでは希望すれば麻酔を使用することが可能ですが、
はやりその分の費用は上乗せされます。
一方レーザー脱毛や光脱毛は一度に処理可能な範囲が広いのと、
一瞬で毛根のメラニン色素に反応しますので施術自体にかかる時間はごく短く、
痛みもニードルほどではないということで広く普及しています。

毛嫌いしないで!毛の本来の役割

脱毛

ここではちょっと目先を変えて、

毛の本来の役割について軽く触れておきましょう。

 

現代日本社会に生きる私たちは、社会的に女性の体毛はムダなもの、
美的評価を損なうものと考えられていますので、
こうして日々毛をなくすことに励まなくてはなりません。

 

なぜワキやビキニラインなどに毛が生えているのかご存知でしょうか?
一般的には体毛は体の重要だったり弱い部分を守る為に
生えていると言われています。
頭髪やワキ、
性器のまわりに生えるのはそのためです。また目や鼻の粘膜を守るため、
眉毛・まつげ・鼻毛もあります。

 

ワキは皮膚が他の体の部分に比べて薄い部分なので
他所同様保護の役割と共に、皮膚の下にあるリンパ節を守ったり、
匂いをためておく役割もあると言われています。

 

匂いをためておく、とはフェロモンを出す働きと関連します。
いずれも、野外で外敵に攻撃されることがほとんど無くなった現代社会では
意味を見いだせないのも無理はありません。

 

体毛の濃い・薄いというのは遺伝に影響されているといわれていますので、
自分の家族の傾向を見てみるとおおよそ自分の傾向も分かるかもしれません。
また、体毛の中でとりわけワキや脚などは自己処理をする
女性も多いと思いますが、処理するたびに毛が
濃くなっていくと感じはしないでしょうか?

 

これは人間の体のしくみの一つですが、一回破壊されると再生されるときは
以前よりも頑丈になります。骨折した場合も骨が以前よりも太くなると言われていますが、
毛の場合も同様です。毛根の数は生まれたときから決まっているので
変化することはありません。剃ると濃くなると思われているのはそのためです。

 

ミュゼ梅田店【予約と店舗案内】はコチラ!

 

更新履歴