MENU

脱毛時の痛みについて

脱毛

永久脱毛に向けた施術時には程度の差こそあれ、

多少の痛みはつきものです。

 

現在サロンやクリニックでの脱毛で一般的になっている
光脱毛やレーザー脱毛は、

 

痛みという点で言えば途中でやめてしまう原因となることは
ほぼないと言えるのでご安心ください。よく言われているたとえに、
光の照射時は「輪ゴムではじいた程度の痛み」というのがあります。

 

多くの人がこれくらいであれば耐えられるでしょう。
一方10数年前に脱毛手法の主流と言われていた、
ニードル脱毛のように結構な痛みを伴う脱毛手法では、
やはり痛みが多くのお客さんが永久脱毛をリタイアしてしまう原因だったようです。

 

医療機関の脱毛クリニック等で、麻酔をかけて施術してもらうことも可能でしたが、
この場合はさらに時間と費用をつぎこむことになってしまい、
誰でもできるというわけにはいかなかったようです。

 

さて、上記に述べたように現在の主流となっている痛みの
少ない光脱毛による脱毛をする場合でも部位によっては痛みを
感じやすい場所もありますので、事前に知っておくとよいでしょう。
中でも特に手や脚と比べた場合、Iラインなどの肌が敏感な
デリケートゾーンではより痛みを感じると言われています。

 

ただ、デリケートな部分の皮膚は自己処理によっても当然痛みやすいため、
サロンでの脱毛処理を進めることによって肌トラブルも改善が期待できるのも事実です。
むだ毛がなくなることによって患部を清潔に保ち、
かぶれや湿疹ができるのを防ぐことができるからだと言われています。
これらのことからも、痛みが少なくできる脱毛方法を試してみるのはオススメです。